貸切バスの安全への取り組み

貸切バス

安全への取り組み


ケイエム観光バスの安全への取り組みについてご紹介いたします。
大型車両ならではの安全性の配慮や、緊急時の対応が求められるバスの運行について安全対策の徹底、教育研修の充実化を図っています。

貸切バス事業者安全性評価認定制度の評価を受け、
安全性確保に向けた意識の向上に取り組んでいます。

この制度は公益社団法人日本バス協会において、安全性や安全性の確保に向けた取組状況について評価認定を行いこれを公表するもので、平成23年度から運用を開始しました。利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくなるとともに、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。

貸切バス事業者安全性評価認定制度

このマークは、貸切バスをご利用されるお客さまが安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示す安心と信頼の証です。認定を受けた事業者については、国土交通省や日本バス協会Webサイト上において公表するとともに、運行するバスの車体に認定事業者の証である「SAFETY BUS」マークを貼付し、認定事業者であることを外観から知ることができます。

徹底した安全対策と教育研修

バスドライバーの健康管理について

■定期健康診断の実施
自社健康保険組合による年2回の定期健康診断の受診のほか、健康指導を実施しています。
■アルコールチェックの厳格な運用と管理
出庫時、帰庫時は必ずアルコール検知器を活用し厳格に運行の可否を決定しています。観光バスで宿泊をともなう場合でも、モバイルアルコールチェッカーシステムを利用し、数値・写真データを管理者が確認でき、適切な運行ができる万全な体制を整えています。
■眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施
当社ではドライバーを対象に睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査を実施しています。
■脳MRIの受診
当社ではドライバーを対象に脳MRI検査を実施しています。

貸切バスのお問い合わせはこちら

貸切バス