「貸切バス事業者安全性評価認定制度」三ツ星取得

ニュース

お知らせ


戻る

2016.09.30

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」三ツ星取得


2018%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e8%a8%bc-%e6%98%9f3

2016年9月30日、ケイエム観光バス株式会社は、公益社団法人日本バス協会より「貸切バス事業者安全性評価認定制度」最高ランクである三ツ星を取得しました。
この名誉ある評価に慢心することなく、お客さまの安全を第一に安全性の向上に取り組み続けるとともに、当グループのモットーでありますホスピタリティ・ドライビングに尽力してまいります。

【貸切バス事業者安全性評価認定制度とは?】
この制度は公益社団法人日本バス協会において、安全性や安全性の確保に向けた取組状況について評価認定を行いこれを公表するもので、平成23年度から運用を開始しました。認定を受けた事業者については、国土交通省ならびに日本バス協会のホームページにおいて公表するとともに、運行するバスの車体に認定事業者の証である「SAFETY BUS(セーフティバス)」マーク(上部画像)を貼付することや、各事業者のホームページや従業員の名刺などにシンボルマークを表示することなどを通じ、認定事業者であることを外観から知ることができます。利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくなるとともに、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。

戻る

過去のニュース一覧